【日本史・文化史覚え方】〖飛鳥文化~観勒と曇徴~〗

文化史

来日僧とは

今回は飛鳥時代に訪れた来日僧観勒かんろく曇徴どんちょうの覚え方について解説します。

飛鳥時代からはこの二人の来日僧が入試で頻出します。よーく出る特徴と合わせて覚えましょう。

特徴

それぞれ、どこから来たか?(from)・何年に来たか?(year)・何を伝えたか(what)をすべて覚えましょう。

観勒

Year 602年 From 百済くだら What こよみ

曇徴

Year 610年 From 高句麗こうくり What かみすみ絵具えぐ

覚え方

2つセットでそれぞれ覚えましょう。

勒 602年 済 こよ

カニ百個よ!

どん徴 610年 こう句麗 絵具

ドンと効果S!

また、それぞれ単独で曇天(ten)!のように覚えることもできます。

皆さんも覚えやすいものを考えてみてください。

まとめ

今回は観勒と曇徴についてまとめました。

語呂合わせはこういった細かい知識を覚えるのに効果的です。頭文字を合わせたものでもいいので教科書に書き込むなどできるだけ多く目に入るようにしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました