【こっからが勝負!】日本史・文化史覚え方〖飛鳥文化〗

文化史

氏寺の覚え方

さて、9月に入りました!今日本史はどれほど進んでいるでしょうか?

そろそろ古代文化史を完璧に暗記しましょう!

覚え方は簡単です!何度も書く必要はありません。語呂合わせで楽に覚えましょう!(教科書や図表を見ながら覚えてください。)

氏寺とは

氏寺とは古代の豪族が建てた寺のことで、古墳の代わりになったようなものと覚えてください。

氏寺を建てた飛鳥時代の豪族といえば、

蘇我氏・聖徳太子

です!

覚え方

この時代の豪族といえば、やはり蘇我氏でしょう。

「蘇我馬子」の氏寺は飛鳥寺といいます。

これは馬→飛ぶ鳥から、

ペガサス

と覚えましょう。またこの寺は別名法興寺といいます。この後紹介する法隆寺と似ているので気を付けましょう。

次に紹介するのは聖徳太子です!

聖徳太子の氏寺は四天王寺法隆寺の二つです。

覚え方は簡単です!聖徳太子は司法を確立した人物!(違いますけど)

そう覚えましょう!

聖徳太子は司(四天王寺)法(法隆寺)

そして法興寺法隆寺!似てますね。上級者になると逆に引っかかってしまいます。

ここはこう覚えましょう。

飛鳥→ 四天王寺とペア→ ということで、

足コリコリ

と覚えましょう。

まとめ

今回は氏寺の覚え方についてでした。実はまだ少し氏寺はあるのですが、とりあえずこの二つを覚えましょう。

蘇我馬子 飛鳥寺(法興寺) ペガサスの寺

聖徳太子 四天王寺・法隆寺  聖徳太子は司法

飛鳥→法興寺 四天王寺→法隆寺 足コリコリ

氏寺について聞かれたら、ペガサスが裁判所で足をコリコリしている場面を再生しましょう。

今回はここまで!お疲れさまでした!

コメント

タイトルとURLをコピーしました