【大学受験】文学史の覚え方~古典①~

文学史

初めに

さあ、早速文学史覚えちゃいましょう!

まずは古代から!明治や法政など、出る大学ではほぼ毎年出ます。しかし、出題方法はほとんど同じ。一部の例外を除けば、各グループに何があるか、またはその成立順を問うてくる問題がほとんどです。

語呂合わせを使って一遍に覚えましょう。

下の年表と照らし合わせながら見てみてください。

古代文学史年表

覚え方

歴史書・地̪誌・和歌

もっとも古い3つの書物です。早速例外ですがこれはもう年号を覚えてしまいましょう。

歴史書

古事記  712年  なあいつできるの古事記って

日本書紀 720年  何お書こうか日本書紀

地誌

風土記  713年  なあ意味あるの風土記って

この覚え方は有名です。三つセットで覚えましょう。

 そしてさらに有名なのが日本最古の下の和歌集。成立年ははっきりしませんが760~80年くらいと言われています。覚えやすくするため777年ってことにしましょう。(並び替え問題にさえ対応できればオッケー。)

万葉集 777年 名和歌ラッキー7!

物語

平安時代

時代によって二分しましょう。竹取期(~1000年)と源氏期(1000年~)に分けるととても分かりやすいです。

さらに竹取期では「作り物語」「歌物語」に分かれます。

「作り」と「歌」それぞれ全部言えるようにしましょう。

作り物語

竹取物語・宇津保物語うつほものがたり落窪物語おちくぼものがたり

作ったウツボ

と覚えましょう。

歌物語

伊勢物語・大和物語 ・平中物語

うい!大和!ヘイ!

と覚えてください。

源氏期(1000年~)からはまとめて「物語」と区別されます。

源氏物語・浜松納言物語・納言物語つつみちゅうなごんものがたり夜の寝覚よるのねざめ物語さごろもにっきとりかへばや物語      

一気に

源氏・チュ・チュ・夜目覚めて・衣…取り替えて!

と覚えてください。

鎌倉時代

日記

平安時代               

土佐日記・蜻蛉日記かげかげろうにっき・和泉式部日記・紫式部日記・更級日記・成尋阿闍梨母集じょうじんあじゃりのははのしゅう讃岐典侍日記さぬきのすけにっき        

都会に村さらされた母狸

 他にに漢文だけで描かれた日記もあります。御堂関白記だけ覚えてしまえばオッケーです。          

漢文日記 御堂関白記(源氏物語頃(1000年頃))・明月記            

鎌倉時代

建礼門院右京大夫集・(うたたね)・十六夜日記・海道記・東関紀行 ・(中務内侍日記)・とはずがたり              

 建礼門院にいざ回答とはん

歴史物語

平安時代

歴史物語で絶対に覚えなければならないのは栄花物語、そして4鏡と呼ばれる4つの書物。順番と時代をこのように覚えましょう。

えい!大根水増し (各段階で時代が変わる。)

大根に(平安)

水を与えたら(鎌倉)

増えた(室町)。

栄花物語・大鏡・今鏡             

この二つは形によっても区別されます。その覚え方も載せました。

栄花物語 編年体 

大鏡   紀伝体

編年体は各ジャンルごとにまとめたもの、紀伝体は時間通りにまとめてあるものです。

映画(栄花)は集する

と覚えてください!

鎌倉時代

水鏡のほかに二つあります。一緒に覚えましょう。

水鏡

愚管抄・神皇正統記

鎌倉の愚かな神

南北朝時代

増鏡

まとめ

今回は以上です。語呂合わせは一度覚えると大変効果的ですが、やはり何回も見ないと定着しません。特徴的な絵を本番で思い出せればこっちのもんです。何度も見るようにしましょう。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました